本文用紙:オペラ

「オペラ」シリーズは日本製紙さんから出ている“書籍用紙”です。

書籍用紙の特徴は3つあります。
1.目に優しく読み続けやすい「クリーム系の色が多い」
2.ボリュームがあっても軽く仕上がる「嵩高紙(かさだかし)」である
3・紙のこしが弱く、めくりやすい「しなやかさ」がある

また同じクリーム系の色でも「オペラクリーム」に比べ「オペラクリームHO」は肌触りがラフで嵩高度が高くなっています。

表紙用紙:さとがみ

「さとがみ」はフェルトのような風合いが醸し出す、やさしい色味と手触りが特徴の表紙用紙。

ナチュラル、素朴、和風テイストのノートを作成したい方におすすめです。

kakuでは、
雪(白色)・すみ(黒色)・柿(オレンジ色)・うすあい(水色)・
なのはな(黄色)・あやめ(紫色)・とび(茶色)の8色を取り揃えており、
それぞれの色のネーミングもまた魅力的です

ノートのサイズ

紙は自由に切ることができますが、規格で決まっている寸法もあります。

A列・B列などと呼び、横の数字が小さいほどサイズは大きくなります。

kakuでは、“A4・A5・B5”というカバンに入れやすい3サイズを用意しています。

・A4 はなじみ深い、ご家庭用コピー用紙と同じサイズ(210mm×297mm)。

・A5 はA4を横に切った、A4の半分のサイズ(148mm×210mm)。

・B5 はA4より小さくA5より大きい、ふたつの中間のサイズ(182mm×257mm)。

用途に合わせて選べます。

天ノリ(頭・線)綴じ

ページが1枚ずつ剥がれるように、

無線綴じよりも “粘着強度を弱めたノリ” を使用して、

ノート本文と表紙を貼り付ける綴じ方です。

ノート本文と、表紙の背の部分全体を貼り付けるのが「天ノリ(頭)」で、

ノート本文の最後のページと、背の一部を貼り付けるのが「天ノリ(線)」となります。

他の綴じ方 : 無線綴じ中綴じミシン綴じ

罫線の左右選択

「kaku」では、ノートの罫線を左右それぞれ選択できます。

例えば、写真のように、ノートを開いた際に

右ページ:ドット

左ページ:横罫

とすることも可能です。

これは右開き、左開きどちらを選択しても、

ノートを展開した際に左右どちらにくるページかどうかで設定されます。


ミシン綴じ

「ミシン綴じ」はノートの中央部分をミシンを使って縫う綴じ方です。 「中綴じ」と同様にノートいっぱい(ノド)まで開くことができ、ページ数が多いと綴じることができなくなります。 糸の端は縫ったままですが、ほどけてページが外れることはありません。
 糸の色は 8色「 白、赤、緑、黄、紫、茶、グレー 」から選ぶことができます。

中綴じ02

ノートの中央部分を針金で止める綴じ方で、ノートいっぱい(ノド)まで開くことができます。

針金の色は通常のグレーのほか7色(白・赤・青・緑・黄・黒・茶)から選べます。

ノート用紙を折重ねるため、ページを多くしたり紙を厚くすると、ページによってずれが生じる場合がございます。

無線綴じ

「無線綴じ(むせんとじ)」とは、ノートの背にノリをつけて、表紙を貼り付ける綴じ方です。

ノド(ノートいっぱい)までは開きにくい仕上がりです。

ですが表紙をつけずに、ノート本文だけでも綴じることができる綴じ方でもあります。

お手元のノートの綴じ方と、ぜひ見比べてみてください。

右左開き

右開きは、表紙を表にした時に右側が綴じられているノートです。
日本の書籍に多く見られ、選択罫線が縦罫などの縦書きにおすすめです。
左開きは表紙を表にした際に左側が綴じられ、横書きの場合は左開きを選択下さい。

中綴じ01

ノートの中央部分を針金で止める綴じ方で、ノートいっぱい(ノド)まで開くことができます。
ノート用紙を折重ねるため、多ページや紙を厚くするとページによってずれが生じやすくなります。