表紙用紙:いちまつ

いちまつ(ICHIMATSU)はその名のとおり、小さな市松模様のエンボス加工(型押し)が紙の表面へ施されていて、
見た目だけでなく、触っても模様を感じることができます。

オフホワイト、クリアブラック、サンライズレッド、グラスグリーン、
マゼランブルー、ナチュラル、ビターブラウン、マンゴーオレンジの8色をそろえています。

本文用紙:ビーセブン

優しい風合いとラフさが特徴の塗工紙。

紙繊維の密度が低く、厚いけれど軽さのある嵩高紙(かさだかし)です。
裏写りもしにくく、同じ厚みの他の紙より軽いノートに仕上がります。

kakuでは、トラネクスト・バルキー・ナチュラル・クリームの4色をご用意しています。

表紙用紙:ファーストヴィンテージ

「ヴィンテージ」の名のとおり、使い込まれたような質感と、素朴な風合いが感じられる用紙。

ストーンウォッシュのジーンズのようにも、
あるいは草木染めのようにも見えるので、
和洋どちらの雰囲気にも合います。

落ち着いた穏やかな色合いで、ナチュラルなテイストのノートを作成したい方におすすめです。

本文用紙:特殊紙

kakuでは「特殊紙」としてクラフト紙、マグ(Mag)プレーン、スライトといった、特徴のある紙を用意しました。

クラフト紙は強度があり、梱包や包装、手提袋や封筒などに使われることが多い、自然な風合いの用紙です。
マグプレーン(Mag)は雑誌古紙を活用した用紙で、目を凝らすと繊維の流れやインクのなごりを楽しめます。
スライトはきめが細かく、さりげない凹凸が表裏に入った、画用紙のようなやわらかい手触りの紙です。

表紙用紙:ミランダ

赤・青・白の3色の微小なガラス片が、特殊な加工で塗布されている用紙。
そのガラスが多色ラメのようにキラキラと輝きます。

はっきりと感じられる光沢感があり、
色の異なるたくさんの星を散りばめたようなロマンチックな美しさがあります。

本文用紙:しこくてんれい

羽のように見える、銀の特殊繊維を模様として用紙に含めた上品な和紙風の用紙。

kakuではしろ・うすちゃ・さくら・うみの4色を選べます。
いずれもやわらかな色調です。

模様があるのはオモテ面のみで、便箋や挨拶状などに向いています。
綴じ方で「天ノリ」または「綴じなし」を選択すると、上記の用途でも使いやすい一冊となります。

表紙用紙:タント

「タント」は、特種東海製紙さんからでているファンシーペーパー(特殊紙)で、
ちいさな凹凸のあるやわらかな手触りと豊富な色数が特徴です。

kakuのサイトではホワイト・ブラック・レッド・グリーン・ブルー・イエロー・パープル・ブラウンの8種類を用意しています。
いずれも鮮明な色合いで、存在感のあるノートが作れます。

本文用紙:一般用紙

kakuでは4種の用紙を一般用紙として用意しています。
基本色の「ホワイト」と「クリーム」、古紙が多く含まれる「さいせい」、竹パルプで作られた「たけがみ」です。

「クリーム」は「ホワイト」よりも黄みがかった白、
「さいせい」はややグレーがかった白です。
「たけがみ」はその名の通り竹から作られた環境に配慮した紙で、明かりに透かすとかすかにその繊維を感じられます。

本文用紙:オペラ

「オペラ」シリーズは日本製紙さんから出ている“書籍用紙”です。

書籍用紙の特徴は3つあります。
1.目に優しく読み続けやすい「クリーム系の色が多い」
2.ボリュームがあっても軽く仕上がる「嵩高紙(かさだかし)」である
3・紙のこしが弱く、めくりやすい「しなやかさ」がある

また同じクリーム系の色でも「オペラクリーム」に比べ「オペラクリームHO」は肌触りがラフで嵩高度が高くなっています。

表紙用紙:さとがみ

「さとがみ」はフェルトのような風合いが醸し出す、やさしい色味と手触りが特徴の表紙用紙。

ナチュラル、素朴、和風テイストのノートを作成したい方におすすめです。

kakuでは、
雪(白色)・すみ(黒色)・柿(オレンジ色)・うすあい(水色)・
なのはな(黄色)・あやめ(紫色)・とび(茶色)の8色を取り揃えており、
それぞれの色のネーミングもまた魅力的です