表紙用紙:みやぎぬ

平安王朝の「からぎぬ」(十二単の一番上に着用する衣)をモチーフにした、
上品な織物の色合いと風合いを表現した表紙用紙です。

kakuでは、絹・すみ・朱・松葉・つゆくさ・こがね・りんどう・ひかわの8色を取り揃えています。

指で触れると、織物の糸目のような、立体的でざらざらとした手触りを感じることができます。

本文用紙:アラベール

「アラベール」は素朴ながら気品があり、
画用紙のような優しい肌触りが特徴の高級用紙です。
kakuでは、ルトラホワイト、スノーホワイト、ホワイト、ナチュラルの4種の白をご用意いたしました。

表紙用紙:新星物語

その名のごとく満天の星に囲まれたような幻想的な用紙。

小さな銀片がブレンドされており、
和の雰囲気漂うファンタジックなノートを作成することができます。

マーガレット、クロウ、テラコッタ、ハーブ、インディゴ、マンゴー、カーキー、ミラーの8色展開。
上品で、くすみ感のある落ち着いた色合いを多く含んでいます。

本文用紙:いろ紙

kakuで選べるのはホワイト、グレー、ピンク、グリーン、イエロー、パープル、オレンジ、ブルー。
ノートの本文用紙に適しており、
書いた文字が映える優しい8色を揃えました。

表紙に合わせた色を、本文にも使用することで統一感を持たせたり、
チームや会社のテーマカラーに沿って選ぶと
ノートの特別感がより深まります。

表紙用紙:いちまつ

いちまつ(ICHIMATSU)はその名のとおり、小さな市松模様のエンボス加工(型押し)が紙の表面へ施されていて、
見た目だけでなく、触っても模様を感じることができます。

オフホワイト、クリアブラック、サンライズレッド、グラスグリーン、
マゼランブルー、ナチュラル、ビターブラウン、マンゴーオレンジの8色をそろえています。

本文用紙:ビーセブン

優しい風合いとラフさが特徴の塗工紙。

紙繊維の密度が低く、厚いけれど軽さのある嵩高紙(かさだかし)です。
裏写りもしにくく、同じ厚みの他の紙より軽いノートに仕上がります。

kakuでは、トラネクスト・バルキー・ナチュラル・クリームの4色をご用意しています。

表紙用紙:ファーストヴィンテージ

「ヴィンテージ」の名のとおり、使い込まれたような質感と、素朴な風合いが感じられる用紙。

ストーンウォッシュのジーンズのようにも、
あるいは草木染めのようにも見えるので、
和洋どちらの雰囲気にも合います。

落ち着いた穏やかな色合いで、ナチュラルなテイストのノートを作成したい方におすすめです。

本文用紙:特殊紙

kakuでは「特殊紙」としてクラフト紙、マグ(Mag)プレーン、スライトといった、特徴のある紙を用意しました。

クラフト紙は強度があり、梱包や包装、手提袋や封筒などに使われることが多い、自然な風合いの用紙です。
マグプレーン(Mag)は雑誌古紙を活用した用紙で、目を凝らすと繊維の流れやインクのなごりを楽しめます。
スライトはきめが細かく、さりげない凹凸が表裏に入った、画用紙のようなやわらかい手触りの紙です。

表紙用紙:ミランダ

赤・青・白の3色の微小なガラス片が、特殊な加工で塗布されている用紙。
そのガラスが多色ラメのようにキラキラと輝きます。

はっきりと感じられる光沢感があり、
色の異なるたくさんの星を散りばめたようなロマンチックな美しさがあります。

本文用紙:しこくてんれい

羽のように見える、銀の特殊繊維を模様として用紙に含めた上品な和紙風の用紙。

kakuではしろ・うすちゃ・さくら・うみの4色を選べます。
いずれもやわらかな色調です。

模様があるのはオモテ面のみで、便箋や挨拶状などに向いています。
綴じ方で「天ノリ」または「綴じなし」を選択すると、上記の用途でも使いやすい一冊となります。