罫線:無地

罫線に縛られることなく、気の向くままにどこからでも、
なんでも自由に書き込んだり、書いてもらったりできるのが「無地」罫線です。

多種多様な用途や場面でご使用いただけます。
また、用紙の色や質感など、紙そのものと向き合い楽しむことができます。

罫線:設計

「中央焦点」「左右焦点」「尺貫法」の3タイプが選べます。

「中央焦点」では一点透視図法、「左右焦点」では二点透視図法で図面を描くことができます。
「尺貫法」はその名の通り尺貫法に対応しており、木造建築のスケッチ等に便利な方眼罫線となっています。

罫線:縦罫

縦方向にまっすぐ罫線が引かれているのが「縦罫」です。

縦書きで記入する言語に適していて、日本では国語の授業時によく見る罫線です。
リーダー線付きの罫線(ライン位置「リーダーあり」の設定)を選択すれば、
文字の中心をとることができて、バランスの良い文字が書きやすくなります。

kakuでは7㎜・10㎜・14㎜の幅の罫線があります。

罫線:立体

「立体」は正三角形が規則正しく配列されていて、
線を結んで立方体を簡単に書くことができる罫線です。

ひとつの正三角形の大きさを1mm~10mm、12mm、15mmの12パターンからお選びいただけます。
また、三角形を上下に2分するように横罫を組み合わせた「立体(横罫入り)」罫線もご用意しています。

罫線:絵日記

多くの人にとって馴染み深い、シンプルな絵日記の罫線。

絵を描くための四角で囲まれたスペースと、文章を書くための横罫から構成されています。
絵を描くスペースが、紙面の約3分の1を占めるタイプ1と、
約3分の2を占めるタイプ2の2種類から選べます。

また、罫線の色も8色のバリエーションがあります。

罫線の色

kakuの罫線は以下の8色から選べます。

グレー・ピンク・ブルー・グリーン・イエロー・ブラウン・パープル・オレンジ。
表紙の色あいや、使用コンセプトに合わせてお選びいただけます。

罫線:横罫

「横罫」は、横方向へ一定間隔に引かれた罫線です。

kakuでは、おなじみのスタンダードな罫線を揃えました。
7㎜(A罫)、10㎜(UL罫)、14㎜の3種類の罫幅を選ぶことができます。

目に馴染んだ罫線であることから、
他の罫線と組み合わせての使いやすさなど、汎用性の高さがポイントです。

罫線:ドット

「ドット罫」は等間隔のドットが配置された罫線です。

文字の大きさや行間を揃えることができて、
グラフや図形もきれいに描きやすい。
多種多様に使える罫線になります。

1~10mm、12mm、15mmの12種類の間隔を選ぶことができます。

罫線:スポーツ

kakuでは、23種のスポーツ罫線を取り揃えています。

バスケットボールのコートのラインや、野球のグラウンドのラインをはじめとして、
アーチェリーの的やフェンシング、テコンドーなどの罫線もあります。

実際にクラブ活動やサークルで体を動かしている方から、
観戦して楽しまれる方まで、練習や試合の記録ノートや作戦ノートなど、
スポーツに関わる場面でご活用いただけます。

罫線:ブロック

「ブロック」の項目は主に正方形のブロック罫線を選ぶことができます。

1ページの中に入るブロック数は1×1、2×3、3×4、4×6、5×7の5種類。※
1×1のみ紙に沿った長方形となります。

ブロックはノートのサイズによって大きさが変わります。

※横列×縦列の表記